STRUCTURE工法

木造在来工法

木造在来工法イメージ

ワンズホームでは、木造在来工法を採用しています。木造在来工法とは、日本に古くからある伝統工法を発展させたもので、柱と梁で支えているのが特徴で「木造軸組構法」とも呼ばれています。長年に渡って日本の気候風土の中で発展してきた独自の建築工法で、木のやさしさを知り尽くした、日本の気候風土に調和した工法といえます。

木造在来工法は、土台の上に柱と梁で骨組みを組み、斜めに留める「筋かい」という材で補強するため、地震などの横からの衝撃に耐える構造になっています。構造的な制約が少なく、デザインや間取りの自由度が高いことも特長。窓や出入り口などの開口部を大きく取ることができ、採光や通風を確保しやすくなります。
また可変性が高いため、将来的にリフォーム・リノベーションを行う時も間取りの変更などを容易に行うことが可能です。

外断熱工法

  • 外張り断熱イメージ:壁
  • 外張り断熱イメージ:基礎
  • 外張り断熱イメージ:内壁壁体内通気

北海道の厳しい気候条件にも対応しているワンズホームの家は、住宅を構造躯体の外側から断熱材でスッポリと包み込む外断熱工法を採用しています。
外断熱工法は断熱材や気密材を切れ目なく連続して施工するため、断熱・気密性が確保しやすく、蓄熱性能が高いのも特長です。外気温や直射日光による熱伝導を遮断するので、冬の寒さだけでなく夏の暑さもシャットアウト、冷暖房費の無駄を省きます。また、各部屋の温度差や、昼夜の温度差が少なくなるので、ヒートショックの心配がない家族にやさしい住まいといえます。さらに外断熱工法の住まいは壁の中に空洞ができるため、通気性が良く乾燥しているため、構造躯体が腐朽しにくく、内部結露やカビの心配がありません。

安心して快適に暮らせる家づくりは、熟練の技術を備えた職人による丁寧な施工から。私たちにお任せください。

PageTop